神田神保町でのまなび

神保町周辺のコミュニティや人を紹介します。

ギャラリーF分の1

 

この場所を知った経緯

 

僕がこの場所を知ったのは、今年の夏でした。夏季休暇中に、都内を全部回りたいという散歩欲に負けて、地形図を入手し散歩に夢中でした。

 

f:id:tommy-manabi:20180109163026j:plain

 

「内外地図」という名前の御茶ノ水にある地図専門店。楽器屋が入っているビルの6階にあります。紙地図の企画・印刷まですべて一貫して行なっています。店舗には、地形図6000面をはじめ、古地図も少し売っていたので、地図が欲しくなったら、ここはおススメです。

 

 

 

f:id:tommy-manabi:20180109163144j:plain

暑いなかでも、地形図を片手に散歩するのは最高でした。とにかく、全部地形図を塗りつぶしてみたかったのです。調子に乗って、まずは御茶ノ水を制覇しようと歩き始めたのでした。

 

f:id:tommy-manabi:20180109162900j:plain

 今年の夏から、留学している先輩からもらったフィルムカメラ。このカメラも神田にある「Lomography」というフィルムカメラ専門店のものです。

 

www.lomography.jp

 

そして、地形図ともらったフィルムカメラを両手に持ち、ワクワクしながら歩いてる途中に出会ったのが、ギャラリーF分の1なのでした。

 

f:id:tommy-manabi:20180109162751j:plain

 カフェやスナックだと、おもっていたが、、、、

 

御茶ノ水にあるアーティストが集まる場所

この場所は、展示スペースです。そのため、いつもアーティストの絵や写真が飾ってあります。

ジャーナリスト、美大の教授、暗黒舞踏家というダンサーなど個性豊かなひとが集まる場所でもあります。

 

自然界には多くの「ゆらぎ」があります。波の音や電車に揺られる音、ろうそくの炎の揺れ。

いずれも一定のようでいて、実は予測できない不規則なゆらぎがあり、それが「F分の1ゆらぎ」です。

 

この場所のオーナーさんは、おばあちゃんでした。ひとが大好きだといいます。

そのためか、ギャラリーでの会話はどこか心地良い雰囲気でした。

 

まさかの展開

 

この場所には、半年前の夏から何回も足を運んでいて、本当にオーナーさんには、よくしてもらっていました。

しかし、20年も続いたギャラリーを今月いっぱいで閉めると今日、立ち寄ったときに僕はオーナーの口から知ったのです。

 

無意識に、この場所はずっと続くだろうという感覚でしたが、終わりは一瞬でやってくるのだと感じました。

 

神保町や周辺にある、古いカフェやお店もいつか終わりが来ると思うと、何か切ない気持ちになります。

 

僕はこの場所に、F分の1というギャラリーという名の素敵な場所があったことを文章や写真で残したい。

 

まだ、閉店まで時間があるので、オーナーがどんな思いでやっていたのか、そしてこの場所の魅力を、取材して詳しく伝えていきます!

 

 

 

http://www.galleryf-1.net/exhibit/2018/180116dmten/0116dmten.ht

 

ギャラリーF分の1

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5-6 コトー駿河

 

※1月16日~21日までお店を最後、開く予定らしいです。

 
ギャラリー周辺地図