神田神保町でのまなび

神保町周辺のコミュニティや人を紹介します。

カフェ運営をやってみて

カフェでの4日間

カフェは身近な人を繋げてみたいという目的を掲げて、行なっていました。

 

この目的は、すこし達成できたかなと思っています。

 

しかし、理想ばかりでなく、途中の課題を解決しないと前に進まないし、

現実的な面も見る重要性も知りました。

 

 

tommy-manabi.hatenablog.com

 

 

f:id:tommy-manabi:20171231010315j:plain

 

経営面

 

 

運営は12月28.29 と1月4.5の4日間で、行ないました。

  

手元に残った金額は、14648円ですが、そこから場所代や経費も掛かります。結果的には赤字の計算になりました。

 

メニューは、1000円で、1日に12人のお客さんが来てトントンです。

 

僕たちは、4人でカフェ運営を行なったのですが、もし賃金が発生するとなったとしましょう。

 

仮に、時給が1時間で1000円で勤務時間が、10:00~15時だとすると、

 

1000円×5時間なので、本来なら1人あたり5000円の人件費が掛かります。

 

経営を安定させるためには、更なる集客と材料の節約が必要になると感じました。

 

f:id:tommy-manabi:20171231010013j:plain

集客

 

 

4日間で来店してくれた方は、35人でした。しかし、8割が友人や知人です。

事前の準備の段階で、僕たちが集客で行なったのは、ひたすら個人ラインやメッセンジャーで、お知らせすることのみです。

 

期間限定ということもありますが、もっと集客するにはSNSの活用が必要だと思いました。

 

FBのイベントページを立てたり、影響力があるひとに協力してもらって、シェアしていただくことがおススメです。

 

あとは、僕たちは2週間前から本格的に集客したのでイベントなどを行なうときは、当たり前かもしれませんが、1ヶ月前から余裕を持って、準備することが大切だと感じました。

 

まとめ

 

 

 

当たり前のことかもしれませんが、当日までの準備が大切なのだと気づきました。

ミーティングを振り返っても、話し合いで5W1Hまで落とし込むことが出来ていなかったのです。

目の前のお客さんを満足させるには、見えないところで準備を進めることが大切なのだと思います。

 

そして、雇われるのではなくて自分たちで運営を行なうことで学べることが、沢山ありました。

 

 

人件費や経費の管理、そして当日までの企画などを経験することで、給料をいただけることは当たり前でないことも実感できます。

 

責任の伴うことなので、実現は困難なことかもしれませんが、大学生がカフェを期間限定で運営する機会がもっとあってもいいと思います。アルバイトやインターンを行なうより有意義ではないかと、感じたからです。

 

今回の機会は、カガワカフェの店長のもとで、手厚いご指導をいただけたから経験できたことでした。

 

そして、不慣れで満足させられたか分かりませんが、4日間で来ていただいた友人や一般のお客さんに心から感謝しています。

 

ご来店、ありがとうございました!

 

f:id:tommy-manabi:20171214034242j:plain